ニュース
» 2018年02月19日 10時31分 公開

J.フロント、年間業務量4300時間削減 18年2月期達成

単純作業の効率化によって、人員を販売や企画といった、より生産的な業務にシフトし収益向上につなげる。

[SankeiBiz]

ロボやIT技術で効率化

 大丸松坂屋百貨店を傘下に持つJ.フロントリテイリングが手作業で処理していた伝票入力業務をロボットやITを使って自動化したことで、2018年2月期の年間業務量を4300時間削減できることが18日までに、分かった。単純作業の効率化によって、人員を販売や企画といった、より生産的な業務にシフトし収益向上につなげる。

 グループの事務処理作業を受託している子会社に、パソコンの入力作業など定型的な業務を自動化する「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」と呼ばれるシステムを導入した。従業員の税務申告といった、これまで手作業に頼っていた45業務を同システムを使って自動化した。今後、傘下の百貨店において請求書の伝票入力など事務的な作業にも同システムを導入していく。早期にグループで計90業務を自動化する。

 J.フロントは残業時間の削減といった働き方改革にもつながるとみており「より創造的な仕事に人的資源を振り向ける」(首脳)としている。

 RPAはパソコンへのデータ入力や集計、加工などの単純作業をソフトウエアに代行させる仕組み。単純作業を効率化できるとして、メガバンクなどにも導入が相次ぐ。

 民間調査会社の富士キメラ総研によると、RPAの関連市場は30年度に、16年度比で約9倍にあたる9000億円超に拡大することが見込まれている。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆