ニュース
» 2018年02月23日 10時26分 公開

ランボ、ジャガー、ボルボ…高級車ブランドのSUV続々 国産車からシェア奪取狙う (1/2)

スポーツ用多目的車市場の活況が続く中、輸入車各社は相次いで新型の高級SUVを投入している。

[SankeiBiz]
ランボルギーニの新型SUV「ウルス」を紹介するステファノ・ドメニカリCEO=6日、東京都港区

 スポーツ用多目的車(SUV)市場の活況が続く中、輸入車各社は相次いで新型の高級SUVを投入している。イタリアのランボルギーニが今月上旬にスーパーカー並みの走行性能が売りのSUVを発表したのに続き、22日には英ジャガーが小型SUVを公開。3月にはスウェーデンのボルボも新型車を投入する計画だ。家族連れや女性からも人気を集めるSUV市場を開拓することで、顧客の裾野を広げる狙いだ。

 「ジャガーは男性のイメージが強いが、女性も取り込みたい」。ジャガー・ランドローバー・ジャパンは22日に東京都内で小型SUV「Eペイス」の発表会を開き、マーケティング・広報部ディレクターの若林敬一氏がそう力を込めた。

 富裕層以外の30〜40代の顧客を獲得する足がかりにもする構えで、購入者の約6割を年収1000万円以下が占めるようにする。

 同日受注を始めた排気量2リットルのEペイスはジャガー初のSUV「Fペイス」に比べ全長が33センチメートル小さく、街中の狭い道路でも走りやすくした。希望小売価格は451万〜764万円。

 2017年のジャガーの販売台数は16年比9.3%減の2614台。Eペイスの投入で、今年は前年比30〜50%の伸びの実現を目指す。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆