ニュース
» 2018年02月27日 15時08分 公開

ITベンチャーなど、子供見守りサービスで開発競争 GPSやICカードで保護者に通知 (1/2)

ITベンチャーや携帯電話事業者、鉄道各社が子供向け見守りサービスの開発にしのぎを削っている。

[SankeiBiz]

共働き世帯に安心感アピール

Qrioの子供見守りサービス用キット。ランドセルなどに取り付ける発信機(左)、玄関などに設置する受信機(中)。保護者のスマートフォン(右)のLINEに通知される

 ITベンチャーや携帯電話事業者、鉄道各社が子供向け見守りサービスの開発にしのぎを削っている。具体的には発信機と受信機を連動させてスマートフォンに帰宅や外出を知らせる機能を導入したり、衛星利用測位システム(GPS)を活用することで現在地を確認できる携帯端末や、駅の改札を通過するとメールで通知するサービスなどを提供。主に共働き世帯を対象に安心感をアピールしている。

外出・帰宅を通知

 ITソリューション開発のQrio(キュリオ、東京都渋谷区)は、「Qrioただいまキット〜こどもの『ただいま』をLINEでお知らせ〜」の出荷を22日から始めた。

 全長約5センチの発信器をランドセルなどに付けておくと、外出時や帰宅時に玄関などに設置した受信機が反応し、保護者が持つスマホのLINEに「ただいま」「いってきます」と通知する。LINEのグループ機能にも対応しているので、通知先を祖父母ら他の家族宛てにも追加できる。

 サービスは受信機と発信機のセット1万3370円の買い切りで、月額使用料は無料。2人目以降の子供向けには発信機を4298円で別売りする。

 今後、学校や学童保育、塾などと連携し、施設内や通学路などに中継器を設置。通学中の安全を確認するための実証実験にも着手する。簡単な操作と利用料無料を武器に、3年間で5万台の販売を計画している。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆