ニュース
» 2018年03月01日 12時27分 公開

日産、セレナに「eパワー」搭載 きょう発売、ファミリー層開拓

電気自動車(EV)のような力強い加速と静かな走りをファミリー層を中心に訴えたい考えだ。

[SankeiBiz]
「セレナeパワー」と記念撮影する日産自動車の星野朝子専務執行役員(左)やタレントの藤本美貴さん(右から2人目)ら=28日、横浜市西区

 日産自動車は28日、エンジンで発電した電気でモーターを駆動させて走るミニバン「セレナ eパワー」を1日に発売すると発表した。電気自動車(EV)のような力強い加速と静かな走りをファミリー層を中心に訴えたい考えだ。

 独自のハイブリッド技術「eパワー」を搭載するのは小型車「ノート」に続き2車種目で、今後も採用車種を拡大する方針だ。

 今回のセレナも主力EV「リーフ」の開発で培った技術を応用。エンジンを発電だけに使い車載電池にためた電気でモーターを回すことで、ガソリン1リットル当たり26.2キロの低燃費を実現した。住宅街を静かに走れるモードなど新機能も採用。希望小売価格は296万8920円から。

 セレナは高速道路の同一車線を自動走行できる「プロパイロット」機能を搭載した最初の車種として家族連れを中心に人気を集め、2017年は月約7000台のペースで販売。eパワー採用を弾みに約8000台に引き上げ、このうち約4割をeパワー搭載車種にする計画。

 日産の星野朝子専務執行役員は、横浜市内で開かれた発表会で「eパワーで電気で走る楽しさを体験した顧客をEVに誘導したい」と述べ、EV普及につなげることにも意欲を示した。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆