ニュース
» 2018年03月05日 10時42分 公開

「フェリカ」アジア進出加速 ソニー非接触ICカード、ベトナム地下鉄採用 (1/2)

ソニーは国内よりも成長余地を残すアジア市場を攻略し、フェリカの海外出荷比率を現在の2倍以上となる4割程度に引き上げる考えだ。

[SankeiBiz]
インドネシアの鉄道「ケレタ・コミューター・インドネシア(KCI)」の改札で使われる、フェリカ搭載の交通系ICカード(ソニー提供)

 交通系ICカード「Suica(スイカ)」などに使われるソニーの非接触IC技術「フェリカ」が、ベトナム南部ホーチミンで建設中の地下鉄で採用されることが2日までに、分かった。ソニーは国内よりも成長余地を残すアジア市場を攻略し、フェリカの海外出荷比率を現在の2倍以上となる4割程度に引き上げる考えだ。

 フェリカ搭載の交通系ICカードが乗車券として採用されるのは、ベトナム初の地下鉄として建設が進むホーチミン市都市鉄道。2020年末に、1号線(全長19.7キロ)が開業する計画だ。

 政府が進めるインフラ輸出の一つと位置づけ、総事業費2360億円のうち1554億円が日本の円借款でまかなわれる。清水建設や日立製作所が建設などを受注し、乗客の利便性向上のために乗車券についてはフェリカ搭載の交通系ICカードが採用される予定だ。

 1号線は駅が14カ所あり、予想利用客約17万人のうち相当数が交通系ICカードを利用する見込み。今後はバスなどへの採用も働きかけていく。

 ソニーはベトナム市場を重視し、昨年、同国の通信事業者ビッテル・テレコムと提携した。日本のスイカのように、乗車券だけでなくコンビニエンスストアなどで電子マネーとしても使えるよう決済インフラ構築も支援する構えだ。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆