連載
» 2018年03月13日 07時26分 公開

タイムアウト東京のオススメ:花見の計画を立てる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 街行く人々のコートも軽くなり、そろそろ花見の季節がやってきます。日本気象協会が発表した東京都心の予想開花日は、3月24日(土)。ここでは、この春に行きたい花見の定番スポットを紹介します。

約150本のサクラの木が並ぶ

 まず紹介するのは、東京ミッドタウンで行われる花見イベント「ミッドタウン ブロッサム 2018」。約150本のサクラの木が並ぶ200メートルの通りは、毎年多くの人々が訪れる、都内でも有数の花見スポットです。開催期間中は、鮮やかなサクラ並木を眺めながら食事を楽しめる「シャンドン ブロッサム ラウンジ」や、ライトアップが行われます。3月30日には、数量限定でロゼスパークリングワインが振る舞われるなど、春の雰囲気を満喫できるもてなしが用意されているのもうれしいですね。

花々と富士山の絶景

 都内からちょっと遠出をしたい人には、夏の登山シーズンを迎える前の富士山で開催される「富士芝桜まつり」がお薦めです。大自然の中にはシバザクラが群生しており、大地を覆うように桜色の絨毯(じゅうたん)が広がります。花々と富士山の絶景を眺めに行ってみてはいかがでしょう。

食と桜をともに楽しむ

 一味違う花見を楽しみたければ「日本橋 桜フェスティバル」へ。参道仲通りの新名所「SAKURA TUNNEL」では、映像や光、音を使い、桜並木を表現します。日本橋と八重洲、京橋エリアの約150店舗の桜メニューを食べ歩ける「日本橋桜メニューウォーク」も実施されるので、食と桜をともに楽しむこともできます。

 その他の詳しい情報は「東京、花見イベント2018」で紹介しています。桜の予想開花日は今後も更新されるので、花見の計画を立てる前にチェックしましょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆