ニュース
» 2018年03月22日 10時54分 公開

大学発VB2000社を突破 最多は「バイオ・ヘルスケア」

16年度の調査から247社増え、記録が残る1989年度以降で初めて2000社の大台に乗った。

[SankeiBiz]

 国内で大学教員の研究成果などを元に起業したいわゆる大学発ベンチャーが、2017年11月時点で2093社あることが、経済産業省による17年度の大学発ベンチャーに関する調査で分かった。16年度の調査から247社増え、記録が残る1989年度以降で初めて2000社の大台に乗った。

 業種別では、「バイオ・ヘルスケア・医療機器」が659社で最も多く、次いで「IT(アプリケーション、ソフトウエア)」の614社、「ものづくり」の417社と続く。

 また、大学別では東京大学が245社で最も多く、以下、京都大学140社、筑波大学98社、大阪大学93社、九州大学81社と続き、私立大学で最も多いのは早稲田大学の74社だった。

 また、大学発ベンチャー企業での大学関係者の役割については「研究・開発の方針、戦略への助言や技術的指導を行う者(技術顧問)」が全体の55.3%を占め、期待が大きかった。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆