連載
» 2018年03月27日 07時27分 公開

タイムアウト東京のオススメ:話題のレストランはハシゴする

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2018年3月29日(木)、日比谷公園近くに新たな商業施設「東京ミッドタウン日比谷」が誕生します。都心最大級となるTOHOシネマズのシネマコンプレックスが入居することでも話題ですが、商業施設と言えば、やはり飲食店のチェックは欠かせませんよね。ここでは、3月29日時点でオープンするレストランで、ぜひ訪ねてほしい店を厳選して紹介します。

時間にとらわれず、1日中利用できる

 まず紹介するのは、ニューヨークとパリで人気のガストロテック「ブヴェット(Buvette)」の世界3号店。ガストロテックとは、時間にとらわれず、1日中利用できる場所や環境を意味する言葉として、オーナーシェフのジョディ・ウィリアムズによって作られた造語です。140席ほどある店内では、サラダやワッフルサンドイッチ、タルトタタンなど、他の2店舗と同じ料理を味わうことができます。

京都らしさを演出

南禅寺瓢亭 日比谷店」は、京都の老舗料亭、南禅寺瓢亭の新業態。本店とは異なる、初の割烹スタイルで営業します。料理もさることながら、特筆すべきは、商業施設の中にある飲食店とは思えない、高級感あふれる内装です。飲食スペースまでに趣のある小道を設けている他、壁はジュラク壁風に。乾燥してしまうと割れてしまうことから取り扱いが難しいという竹も随所にちりばめ、京都らしさを演出したといいます。席は、カウンターやテーブル席の他、茶室も用意。通常、懐石は畳の上で味わうことから、カウンターのテーブルも畳になっています。メニューは、ランチタイムに「点心 6品」(7000円)と「懐石」(1万2000円)、ディナータイムに「懐石 9品」(1万8000円)と「懐石 11品」(2万3000円)を提供します。

素材そのものの味を大切にした

 最後は、パリに本店を構えるフレンチレストラン「レストラン トヨ トウキョウ 」を紹介しましょう。「素材は宝石」をコンセプトに、素材そのものの味を大切にした料理を提供するレストランで、日本では初の店舗となります。「素材が並んでいる様子を見て、目でも味わってほしい」「来店客に料理のプロセスを楽しんでほしい」という思いから、店内はカウンター席をメインにした作りに。メニューはコースのみの提供で、ランチは5000円から、ディナーは1万5000円から用意されています。アレルギーや好き嫌いがある人は、電話などで予約をする際に伝えておけば、対応してくれるそうです。

 その他の詳しい情報は「東京ミッドタウン日比谷で行くべき5のレストラン」で紹介しています。日本初上陸のレストランや、限定メニューを提供する店など、魅力的な店がそろった東京ミッドタウン日比谷。足を運ぶ前に、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆