ニュース
» 2018年04月02日 11時02分 公開

「人生ゲーム」50周年、12年ぶりの「ゾイド」……競争激しい玩具市場、タカラトミーが狙うもの (1/4)

どの分野でも、新しいヒット商品を生み出すのは至難の業。それよりも、長く取り扱ってきた商品を、時代に合わせて変化させ、市場を活性化させる方が早く売り上げに結びつく。

[SankeiBiz]

 どの分野でも、新しいヒット商品を生み出すのは至難の業。それよりも、長く取り扱ってきた商品を、時代に合わせて変化させ、市場を活性化させる方が早く売り上げに結びつく。玩具大手のタカラトミー(東京都葛飾区)では、発売50周年になる「人生ゲーム」で新しい試みを打ち出し、記念の年を飾る予定。1983年と1999年の2回、展開していた「ゾイド」も“復活”させて、以前からのファンの期待に応えつつ、新しいファンを取り込もうとしている。

時代を超え愛される商品ズラリ

 3月15日に東京都内で開かれた発表会に、ずらりと並んでいたのは新旧の「人生ゲーム」。1968年に日本で第1弾を発売して今年で50周年となることから、3月31日に新商品「人生ゲームタイムスリップ」(税抜き3980円)をリリースすることを発表。あわせて50周年を記念するパーティーを開催し、そこに歴代人生ゲームが集められた。

 「数多くのロングセラー商品を保っているのがタカラトミーの強みだ」。今年1月にタカラトミー社長に就任した小島一洋氏の言葉を裏付けるように、5年や10年といった期間も短く思えるくらい、発売から何十年も経つ商品がタカラトミーには並ぶ。2017年に50周年を迎えた人形「リカちゃん」、来年が60周年となる鉄道玩具「プラレール」、2020年が50周年のミニカー「トミカ」など、時代を超えて愛され続けている玩具がそろっている。

ハウステンボスや東京スカイツリー、新国立競技場などが建つ「人生ゲームタイムスリップ」

 「人生ゲーム」もそんなロングセラーのひとつ。アメリカで人気だったボードゲーム「ザ・ゲーム・オブ・ライフ」を日本向けにして1968年に「人生ゲーム」として発売。「億万長者になりたいと言うことをはしたないと思う文化が日本にはまだあった。『人生ゲーム』を通してアメリカの自立精神を伝えようとした」という小島社長の説明どおりに、ゲームの中で職業を選び、お金を稼いでいくスタイルが日本の経済的発展とも相まって人気となった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆