連載
» 2018年04月03日 07時11分 公開

タイムアウト東京のオススメ:パリのおいしい日常を味わいに行く

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 パリで人気のパティスリー兼ブーランジェリー「リベルテ ラ パティスリー ブーランジェリーの世界展開1号店」が2018年3月24日(土)、吉祥寺にオープンしました。ここでは、リベルテとして初となるカフェスペースの様子や、一押しメニューなどを交えながら、同店の魅力を紹介します。

オープンからわずか3年でパリの人気店に

 リベルテは、2013年にパリ10区のサンマルタン運河近くに誕生した、スイーツとパンを販売する店です。パン屋だけでも1200店舗以上が存在するパリは、世界で最も競争の厳しいブーランジェリー市場といわれていますが、オープンからわずか3年でパリの人気店に成長した同店は、まさに実力派といえるでしょう。パリの店では、20代から50代までの女性の来店が多く、中には1日に2回やってくる人もいるといいます。

工房は、オープンなスタイル

 東京本店で、まず来店客を迎えてくれるのは、数々のフレッシュスイーツとパン。リベルテを象徴する大理石の大きなカウンターも印象的です。「透明性」「親近感」「品質」の3つを大切にしている同店の工房は、オープンなスタイル。職人が作業する様子や、使っている材料など、全ての工程を目の前で見ることができます。

 2階には、冒頭でも触れたように、リベルテとして初となるカフェスペースも設置。フランス製の家具を採用している他、床には本店と同じタイルを敷き、随所にパリの雰囲気がちりばめられています。広々とした店内はスタイリッシュながらも、どこか温かみのあるアットホームな空間です。

パンをおいしく食べられる料理

 カフェで提供するのは、「季節の野菜スープ」や「サーモンのパピヨット」「ポークソテー デュッカスパイス」など。いずれも、「パンをおいしく食べられる料理」をテーマに作られています。スイーツ好きであれば、2階のカフェスペースのみで提供している「パフェシトロン」も必見。1階で販売しているシグネチャースイーツの「タルト シトロン」にちなんで開発されたメニューだそうです。

 その他の詳しい情報は「パリ生まれのパティスリー兼ブーランジェリー、リベルテが日本初上陸。吉祥寺にオープン」で紹介しています。パリ本店同様、「バースデーケーキを作ってほしい」「アレルギーだから、〇〇が入っていないパンを作ってほしい」などといったオーダーに応えてくれるのも、人々の生活に寄り添うリベルテならでは。「パリのおいしい日常」を味わうべく、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆