ニュース
» 2018年04月18日 12時49分 公開

ホテル「呉越同舟」で生き残り 西武HDと東急不動産、相互利用の会員制事業で提携 (1/2)

それぞれの会員が互いのホテルを利用できるようにするほか、東急不が西武の会員権販売を一部受託する。

[SankeiBiz]
西武グループが来年開業する「プリンスバケーションクラブ軽井沢浅間」の全景イメージ

 西武ホールディングスと東急不動産は17日、両社が手掛ける会員制ホテル事業で提携すると発表した。それぞれの会員が互いのホテルを利用できるようにするほか、東急不が西武の会員権販売を一部受託する。リゾート開発などでライバル関係にある両社だが、近年は富裕層をターゲットにした競争環境も厳しさを増しており、“呉越同舟”で生き残りを図る。

 会員制ホテルは、東急不が既に全国約30施設の「東急ハーヴェストクラブ」を展開し、約2万5000人の会員数を誇る。西武は傘下のプリンスホテルを通じて会員制の「プリンスバケーションクラブ」約20施設の展開を目指す。軽井沢(長野県軽井沢町)や日光(栃木県日光市)、伊豆(静岡県)などに設ける計画。

 提携の第1弾は、プリンスが2019年7月に2施設を開業予定の軽井沢エリア。東急不も同エリアに施設を展開するが、どちらかの会員権を持っていれば割引料金で施設を相互利用できる。加えて、東急不の会員は西武が運営するスキー場やゴルフ場でも割引特典が受けられる。

 一方で東急不は、傘下の東急リゾートが自社の販売ネットワークを活用し、プリンス2施設の会員権販売を一部受託する。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆