ニュース
» 2018年04月20日 10時31分 公開

ソニー、家庭向けAIロボ開発へ 調理・配膳がテーマ、米大と共同研究

「調理」「デリバリー(搬送)」をテーマに技術力を磨き、得られた知見を基に、生活に役立つ機能的な家庭ロボットの開発を目指す。

[SankeiBiz]
ソニーの犬型ロボット、アイボ。同社ではAI分野に強いカーネギーメロン大と協力することで、さらなるロボット開発に取り組む

 ソニーは19日、人工知能(AI)とロボットについて、米カーネギーメロン大と共同研究開発に取り組む契約を締結したと発表した。「調理」「デリバリー(搬送)」をテーマに技術力を磨き、得られた知見を基に、生活に役立つ機能的な家庭ロボットの開発を目指す。

 共同研究では、犬型ロボット「aibo(アイボ)」で培ったソニーの技術とAIに強い同大の知見を組み合わせる。複数の食材を使った献立の組み立てや食材の加工、配膳(はいぜん)や食事の搬送までを担うAI搭載ロボットの技術を開発する。その技術を生かして5年以内をめどに新たな家庭ロボットの開発を目指すという。

 実際の製品化にあたっては、社内ベンチャーを発掘するプロジェクト「シード・アクセラレーション・プログラム(SAP)」や同社のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)が支援を行う。同大計算機科学部のアンドリュー・ムーア学部長は「ソニーとともに高みを目指す」との談話を公表した。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆