ニュース
» 2018年04月24日 10時45分 公開

日生、指紋・顔・声で契約者を識別 保険手続きの煩雑さ解消

早ければ7月にも投入する新しいスマートフォン向けアプリに、指紋や顔、声で契約者を識別する機能を搭載する。

[SankeiBiz]
※画像はイメージです(Getty Images)

 日本生命保険が生体認証による本人確認サービスを導入することが23日、分かった。早ければ7月にも投入する新しいスマートフォン向けアプリに、指紋や顔、声で契約者を識別する機能を搭載する。インターネット上の保険手続きに生体認証が導入されるのは、国内ではこれが初めてとみられる。

 生体認証の機能をもつ新アプリはまず、保険契約を担保に融資する「契約者貸し付け」サービスの提供から始める。年間で約45万件(約15万人)の利用を見込む。画面上で指紋か顔、声のいずれかの方法による認証を選べるようにする。

 将来は配当金の引き出しや住所変更、勤務先変更など、さまざまな手続きにも対象を広げる方針。最終的に年間約300万件の手続きがこちらに置き換わる可能性がある。

 少子高齢化などを背景に、国内の生命保険市場は販売競争が一段と厳しさを増している。日本生命は保険手続きで必ず必要となる契約者番号などの個人情報を控えておく煩わしさをなくすことで、他社との差別化を図りたい考え。

 情報漏洩(ろうえい)やなりすましのリスクにも備え、セキュリティー対策も強化する。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆