ニュース
» 2018年04月27日 10時46分 公開

ダイソンの開発キーマンにインタビュー 日本市場攻略の秘訣やカリスマ創業者の魅力を語る (1/4)

管理職の立場から同社の強みや求める人材、創業者であるジェームズ・ダイソン氏について語った。

[SankeiBiz]

 英ダイソンが今月12日、部屋全体の空気を徹底的にきれいにする空気清浄ファン「ダイソン・ピュア・クール」を日本で発売した。商品発表会のため来日したヘルス&ビューティー部門バイス・プレジデントで製品開発責任者のポール・ドーソン氏はSankeiBizの単独インタビューに応じ、管理職の立場から同社の強みや求める人材、創業者であるジェームズ・ダイソン氏について語った。(聞き手 大竹信生/SankeiBiz)

インタビューに応じる英ダイソンのポール・ドーソン氏

 Q.ダイソンに入社した動機は?

 「ダイソンに入ったのは18年も前の話になりますが、もともとエンジニアリングに興味を持っており、今までなかったような素晴らしい製品を作れる、そして実際に現場で携われる仕事を探していました。当時のダイソンはもっと小さい会社でしたが、いろいろと調べてみたところ、とてもエンジニアを大切にする会社だということが分かりました。「エンジニアはたくさん失敗を重ねた方がいいものを作れる」という精神を持った会社で、「デザインする→作る→試す→壊す」というサイクルを奨励してくれます。このようなダイソンの信念は、私の考え方と非常に合っていました。18年はとても長い時間ですが、私が転職をしていないのは、毎週のように新しいものに出会える楽しみがあるからです」

 Q.ダイソンは有名企業ですが、日本や世界にも高い技術力を持つメーカーはたくさんあります。ダイソンにあって他社にないもの、絶対的な強みは?

 「基本的にダイソンの理念の一つは、他社が無視するような問題を我々は解決するということです。きょう発表した空気清浄機も既存の規格やテスト方法はありますが、我々はそれらにとらわれず、実際にユーザーが空気清浄機を使うなら「家でどういう風に使うのか」というところから着手します。お客様は何を求めているのか、実際の家の中で何が欲しいのかを考える必要があるのです。難しい問題だからそれを避ける、ということは絶対にしません。我々は他社が無視するような問題を、今までなかった新しい方法を発見しながら解決するわけです。例えば(送風用ファンを隠した奇抜なデザインで知られる)ヘアドライヤーの「スーパーソニック」ですが、普通ドライヤーを作ってくださいと言ったら、既存のドライヤーの延長線で何か新しいものをデザインするでしょう。しかし、我々は定型にとらわれず、「お客様の体験」を基に新しいものを作るのです」

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆