ニュース
» 2018年05月10日 10時39分 公開

トヨタ、試される総合力 新分野開拓は「生死を賭けた闘い」 (1/2)

豊田章男社長は「トヨタ生産方式」で培ったノウハウをサービス関連事業でも生かしていく考えを示した。

[SankeiBiz]
トヨタ自動車の豊田章男社長

 2018年3月期の連結最終利益が過去最高を更新したトヨタ自動車。異例の取引時間中の決算発表となった9日、東京株式市場で同社株は大幅高となり、その“強さ”を見せつけた。豊田章男社長は「トヨタ生産方式」で培ったノウハウをサービス関連事業でも生かしていく考えを示した。だが、先行きを見ると、足元の販売競争を戦いつつ、新分野の開拓を進める必要があり、投資負担増が重くのしかかる。経営のかじ取りは難しさを増し、総合力が試される局面だ。

 トヨタ株は9日、前日比3.8%高で取引を終えた。日経平均株価と足並みをそろえるように他の自動車大手8社はいずれも下落する中での独歩高だった。

「つくる会社」を転換

 18年3月期の最高益だけでなく、減益予想となった19年3月期の内容も好感されたからだ。想定為替レートを円高方向で設定して連結営業利益は減益とはなったが、市場からは「1ドル=105円の為替前提で4%の減益でとどまっており、内容はいい」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の杉本浩一シニアアナリスト)との声が上がった。為替の影響を除くと、1300億円の増益になる計算だ。

 中期的な課題は、「100年に1度」と言われる変革期への対応だ。豊田氏は9日、「私はトヨタを『自動車をつくる会社』から、移動に関わるサービスを提供する会社に変えることを決断した」と強調した。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆