ニュース
» 2018年05月10日 10時39分 公開

トヨタ、試される総合力 新分野開拓は「生死を賭けた闘い」 (2/2)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2       

 今年に入り、トヨタのサービス関連の動きは表面化している。1月には移動や宅配、ホテルなどさまざまなサービスに使える箱形の自動運転車両を米国で公表。サービス基盤の構築を目指し、米アマゾン・コムなどの有力企業5社と共同で20年代前半に実証実験を行うとした。また、4月には東京都の販社4社を来年統合し、新会社を拠点にカーシェアリングに乗り出す方針も明らかにした。

ハイテク大手と競争

 これまでの事業の延長線上にはない新分野では、トヨタが培ったノウハウを十分に生かすことは難しい。しかし、豊田氏は「モビリティーサービスに関わる現場では、トヨタ生産方式に基づくオペレーションを導入する」と話し、サービス事業でも効率化の徹底などでトヨタの強みを発揮し、他のサービスとの差別化を図る考えを示した。

 ただ、自動運転やインターネットでつながる車(コネクテッドカー)を使ったサービスなどの次世代競争では、米アップルや米グーグルなどのハイテク世界大手が立ちはだかる可能性がある。豊田氏は「新たなライバルとなるテクノロジーカンパニーは、われわれの数倍のスピードで、豊富な資金を背景に新技術への積極的な投資を続けている」と危機感をあらわにした。

 トヨタが公表した19年3月期の研究開発費は1兆800億円。このうち35%を電動化や自動化などの次世代投資に振り向けるという。投資資金を継続的に捻出するためにも、“お家芸”である原価低減を地道に進める考えだ。決算の数字だけでは把握できない「生死を賭けた闘い」(豊田氏)は既に水面下で始まっている。(高橋寛次)

前のページへ 1|2       

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆