ニュース
» 2018年05月11日 10時33分 公開

セブン、業界初「ネットコンビニ」全国展開 スマホで注文、宅配

店舗で販売する商品をスマートフォンで注文し、宅配で自宅など指定した場所で受け取れる「ネットコンビニ」サービスを始めると発表した。

[SankeiBiz]
ネットコンビニについて説明するセブン−イレブン・ジャパンの古屋一樹社長=10日、東京都千代田区

 セブン−イレブン・ジャパンは10日、店舗で販売する商品をスマートフォンで注文し、宅配で自宅など指定した場所で受け取れる「ネットコンビニ」サービスを始めると発表した。2019年8月までに北海道内の全約1000店で展開し、全国の2万店超に順次拡大する。

 同日都内で会見したセブンの古屋一樹社長は「もっと近くて便利な店作りのため、19年下半期にも全国展開に乗り出す」と述べた。

 食品スーパー大手各社は店舗で売る商品を自宅まで届ける「ネットスーパー」を展開するが、コンビニエンスストア大手で店舗の商品を配送するサービスは初めて。

 ネットコンビニは、専用アプリを使って利用店舗を指定したうえで、コンビニで扱う約2800品から選んで注文し、最短2時間で商品を受け取れる。たばこなど一部商品は扱わない。

 配送時間は午前11時〜午後8時に1時間ごとに指定できる。注文は1回1000円以上からで、24時間受け付ける。配送料は216円だが、3000円以上買うと無料になる。

 宅配は業務提携しているセイノーホールディングスの子会社「GENie(ジーニー)」が担う。

 セブンがすでに北海道で行った実証実験では、仕事を持つ40代女性の利用が目立ち、飲料水や米、冷凍食品などに注文が集まったという。

 セブンは、仕事や子育てに忙しい世帯や外出が難しい高齢者らに宅配のメリットがあると判断し全国展開する。目標の注文件数は1店当たり平均10件、単価は2000円を目指す。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆