ニュース
» 2018年05月18日 11時51分 公開

映像や音に動きや匂いのイベント続々 楽しさ広がるエンターテインメント (1/4)

映画は映像を見て音声や音楽を聞くもの、ライブはアーティストの演奏を見て音楽を楽しむもの。そうした認識が今、大きく変わろうとしている。

[SankeiBiz]

 映画は映像を見て音声や音楽を聞くもの、ライブはアーティストの演奏を見て音楽を楽しむもの。そうした認識が今、大きく変わろうとしている。映画館にはシーンに合わせてシートが上下や左右に動き、風や光、匂いも出て観客を映画の中にいるような気にさせる装置が登場。技術を見せるイベントでは、ギタリストの演奏に合わせて腕に刺激が伝わる仕組みや、映像の展開に合わせて手にしたデバイスが左右に引っ張られる仕組みなどが展示され、エンターテインメントを五感で楽しむものに変える可能性を見せていた。

映像に合わせて「重力」も体感

 スクリーンの中で、バルキリーと呼ばれる戦闘機が空や宇宙を猛スピードで飛び回る。そんなシーンに合わせて、座っているシートが左右や上下に動いて観客に重力を感じさせる。TOHOシネマズにある、MX4Dと呼ばれる4Dシアターシステムが導入されたスクリーンで、5月11日から公開された映画「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」を鑑賞すると、ドッグファイトのシーンでは自分がバルキリーに乗っているような気になってくる。

「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」MX4D (C)2017 ビックウエスト/劇場版マクロスデルタ製作委員会

「ワルキューレ」という5人組の女性音楽ユニットがライブを行うシーンでは、ストロボがさまざまな色に点滅し、シートもなめらかに動いて、自分がライブ会場にいてワルキューレのパフォーマンスを間近で観覧している気分になる。女性キャラクターがクローズアップされるシーンでは、甘い匂いが流れてキャラクターを間近に感じられる。こうした演出は、いずれもMX4Dというシステムによって作り出されている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆