ニュース
» 2018年05月23日 11時03分 公開

ソニー新中計、3年で設備投資1兆円 自動運転車向け画像処理センサー中心

2021年3月期までの3カ年の中期経営計画を発表した。

[SankeiBiz]
記者会見するソニーの吉田憲一郎社長=22日、東京都港区

 ソニーは22日、2021年3月期までの3カ年の中期経営計画を発表した。企業本来の事業で生み出すお金の量を重要指標と位置付け、金融事業を除いて累計で2兆円超と、前中計期間比35%以上伸ばすことを目指す。このうち1兆円を、自動運転車向けの需要増が見込まれる画像処理センサーを中心とした設備投資へ回す方針だ。

 また着実な収益分野として音楽、映像、ゲームなどのコンテンツIP(知的財産)事業に注力する。強化策の一環として、英ロックバンド「クイーン」などの著作権を持つEMIミュージックパブリッシングを子会社化すると発表した。アブダビの投資会社からEMI株を約19億ドル(約2100億円)で追加取得し、出資比率を現在の約40%から90%前後に引き上げる。

 テレビやカメラなどの機器は安定した収益基盤と位置付ける一方で、「いたずらに規模を追わず、プレミアム路線を堅持する」(吉田憲一郎社長)方針。赤字のスマートフォンに関しても長期的に事業を安定させるとして維持し、事業売却は行わないという。

 中計の最終年度となる21年3月期の営業利益目標は、金融事業を除き最大8080億円。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆