ニュース
» 2018年06月06日 12時48分 公開

TBM、紙やプラの代替素材「LIMEX」改良 生分解性素材加え環境性能向上 (1/2)

欧州中心に環境規制の強化が見込まれるため、より環境性能を高めた素材の開発に乗り出す。

[SankeiBiz]
生分解性「LIMEX」でつくられた食器類の試作品(TBM提供)

 環境配慮型素材開発ベンチャーのTBM(東京都中央区)は、石灰石由来の紙やプラスチックの代替素材「LIMEX(ライメックス)」に生分解性素材を採用する方針を固めた。欧州中心に環境規制の強化が見込まれるため、より環境性能を高めた素材の開発に乗り出す。

 プラスチックごみは世界中の海洋に漂うごみの85%に達するとされ、生態系の破壊など、深刻な汚染を招いている。

 このため欧州連合(EU)は、2030年までにすべてのプラスチックをリサイクルすることを目指す政策大綱を発表。各国で規制が強化されることが確実視されている。

 TBMが、LIMEXの改良に乗り出すのは、こうした環境規制の強化をビジネスチャンスと捉えたからだ。

 LIMEXは石灰石に含まれる炭酸カルシウムを主原料に石油由来のポリオレフィン樹脂を混ぜている。製品化を目指す新LIMEXは、ポリオレフィンを生分解性素材に置き換える。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆