ニュース
» 2018年06月06日 12時48分 公開

TBM、紙やプラの代替素材「LIMEX」改良 生分解性素材加え環境性能向上 (2/2)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2       

 具体的な販売の時期や価格などは現時点では未定だが、すでにコップ、スプーンなどの食器や容器の試作品を完成させており、今後、外食関連企業の協力を得ながら使い勝手などを調べ、製品化への道筋を付ける。現在、宮城県多賀城市に20年の操業開始に向けて、工場を建設しており、生分解性LIMEXの量産拠点となる可能性がある。普通紙1トンの生産に、樹木約20本、水約100トンを使うとされる。LIMEXは原料に木や水を使わず、石灰石0.6〜0.8トンとポリオレフィン0.2〜0.4トンで、1トン分のシートを作れる。

 いまだに石油由来原料100%の石油系プラスチック製品が多く使われているが、LIMEXは、主原料が石灰石で石油原料を減らせる。また、石灰石は日本では数少ない100%自給自足できる資源で、国内に豊富に埋蔵され、原油価格の市況に左右されにくい。

前のページへ 1|2       

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆