ニュース
» 2018年06月07日 10時45分 公開

ホンダジェット、日本攻略へ 最新型投入、国内市場拡大に期待 (2/2)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2       

 ビジネスジェットは、富裕層や企業幹部の移動などに使われる。ホンダジェットは昨年、小型ビジネスジェットとしての納入数で世界一となったが、国土が狭く公共交通機関が発達している日本でのビジネスジェットの保有数は90機程度。米国の約1万3000機と比べると市場は極めて小さく、日本事業の収益化へのハードルは高いのが現状だ。

 ただ、丸紅エアロスペースの遠矢源太郎社長は、「国内でのチャーター運行による移動や、主要空港に到着されたお客を地方都市などにお連れする乗り継ぎサービスにもホンダジェットは適している」と、新しい需要を掘り起こす考えを示した。藤野氏は、「欧米などで好評だったことから、日本でも多くの問い合わせをいただいており、かなり需要が見込めそうだと判断した」と説明。販売目標は明言を避けたが、ビジネスジェットの国内市場規模に関しては、「4〜5年で2倍にしたい」と意欲を見せた。

 ホンダは2月から放映している企業イメージを伝えるテレビCMに、初めてホンダジェットを登場させた。6日の会見で八郷隆弘社長が「航空機は創業当初からの夢だった」と指摘したように、創業者の本田宗一郎氏は飛行機づくりに強い意欲を持っていたという。国内発売について八郷氏は、「新しいことにチャレンジしている姿を見せ、ホンダブランドを高めていく目的もある」と打ち明ける。(高橋寛次)

前のページへ 1|2       

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆