ニュース
» 2018年06月08日 10時48分 公開

転職市場、崩れた“年齢の壁” 50歳以上を積極採用、能力重視進む (2/4)

[SankeiBiz]

 同社の転職仲介全体の決定実績は、16年度が09年度比約2.3倍、17年度も同約2.6倍と好調が続く。その中で、以前なら受け入れ先が限られていた50歳以上の決定が右肩上がりで伸びており、「50代でもこんなに転職が成立するんだ、と驚くほどの好調ぶり」(藤井氏)という。

 足元の転職市場では、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)対応に加え、20年の東京五輪・パラリンピックを控え、現場管理者など建築分野の有資格者の需要も強い。17年度の50歳以上の転職決定数を業界別でみると、建設・不動産業界が27%、電機・電子・機械業界が25%を占める。

 一方、事務系職種でも新規株式公開(IPO)やM&A(企業の合併・買収)の増加に伴い、スタートアップ企業の成長期の経営や財務、営業ノウハウを持つ人材需要が拡大。リクルートキャリアの平野竜太郎シニアコンサルタントは「戦略的投資にあたって年齢は関係ない。事業プロセスを理解し、アドバイスできる人材は貴重だ。大手で眠っていた人材が地場企業に転職し、活躍しているケースは多い」と分析する。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆