ニュース
» 2018年06月11日 11時00分 公開

ルネサスとJDI、日の丸再編で明暗 構造改革主導のキーマン、存在示す (4/4)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2|3|4       

 「構造改革を経て、黒字企業に変わらなければならない」。東入来氏は5月の決算会見で強調した。これまでは目先の利益を優先して合理化を徹底できていなかったが、ようやく本格的な改革に踏み出す。ただ、中韓勢との競争も厳しく、再建の道筋は険しい。

 「車載向けを中心に経営資源をシフトする」。JDIは売上高の8割を市場変動が激しいスマートフォン向けが占め、業績が左右されてきた。しかし、安定した収益を稼げる車載分野の拡大など事業構造の見直しも欠かせない。

 試作段階の有機ELパネルが量産にこぎ着けられるかどうかも課題だ。もともと他社との資本提携を通じて量産に必要な資金を得る戦略だったが、液晶から有機ELへのシフトが想定より遅れるとの見方が広がって中国企業などとの出資交渉は難航。東入来氏は昨年まで「有機ELなくして将来はない」と量産投資を急ぐ方針だったが、「じっくり市場をみて判断する」とトーンを弱めている。

 再建途上のJDI、そして再建から成長へとかじを切るルネサス。ともに、トップの経営手腕が問われる局面が続く。(万福博之)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆