連載
» 2018年06月19日 07時19分 公開

タイムアウト東京のオススメ:美食はエネコ流に味わう

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 西麻布にあるレストラン「エネコ東京」。同店に、初夏の新メニューが登場しています。エネコ東京とは、スペイン バスク地方のビルバオにある三つ星レストラン、アスルメンディでシェフを務める、エネコ・アチャ・アスルメンディが監修する店。ランチ、ディナーともにコース料理のみの用意で、メニューは、季節ごとに少しずつ内容を変えているのだそうです。ちなみに、エネコ東京は2017年9月にオープンした店なので、夏を迎えるのは今年が初となります。

独特な食事の提供スタイル

 初めてエネコ東京を訪れた人は、独特な食事の提供スタイルに少し驚くかもしれません。なぜならば、店に入ってすぐに案内されるのが、レストランの席ではないからです。まずは、美しい盆栽が並んだ部屋で、一口サイズの料理を食前酒とともに味わうのがエネコ流。その後、開放的なテラスに移動して数種の料理を味わったあと、やっとレストランの席に着席します(テラスの利用はディナー時のみ)。

美しく盛られた料理

 着席してからは、前菜、魚料理、肉料理、デザートなど、美しく盛られた料理が次から次へと運ばれてきます。一番印象的だったのは、「オマール海老 シェリー風味コンソメ 卵の天ぷら」。プリプリとした食感のオマール海老はもちろんのこと、口に入れた瞬間にプチっとはじける卵の天ぷらが何よりも衝撃的でした。天ぷらにはベシャメルソースが用いられており、味わいは濃厚です。その他、「ドノスティア風のカニ」や「レモンのボンボン」などが、初夏のメニューとして新登場しました。

ユニークな一品

 もう一つ、初夏のメニューとして登場したものではないですが、前菜の「有機卵とトリュフ」にも驚かされました。この料理は、注射器のような道具を使い、卵黄の中にトリュフの香りのエキスを注入するという、ユニークな一品。この作業は目の前で行われたのですが、卵黄を1つも割ることなく、器用にエキスを注入していく技術は見事でした。食べるときは、大きな口を開けて一口で。口の中で温かい卵とトリュフの風味が溶け合い、思わず笑みがこぼれるでしょう。

 場所を変えながら食事を楽しむというスタイルや、新しい発想で作られた料理など、エネコ東京には胸躍る瞬間が随所にちりばめられています。三つ星レストランのシェフが監修するハイクオリティーな料理を味わえることも含め、このレストランで過ごす時間は特別なものです。

 その他の詳しい情報は「スペインの三つ星シェフ監修のレストラン、エネコ東京。6月より初夏のメニューも提供中」で紹介しています。初夏のメニューの提供は、9月までを予定。美食体験をするべく、ぜひ足を運んでみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆