ニュース
» 2018年06月19日 10時18分 公開

LINE、「印刷式」QR全国展開へ 業者負担軽減、Payの牽引役期待

店舗などが紙に印刷して掲示したQRコードを、利用者がLINEのアプリで読み取れば商品代金の支払いが完了する。

[SankeiBiz]
LINE株式会社のオフィスにある「LINE」のロゴ=東京都新宿区(蔵賢斗撮影)

 スマートフォンの無料通信アプリのLINE(ライン)が、店頭などに掲示された2次元バーコード「QRコード」をスマホで読み取る決済方式を全国展開することが18日分かった。店舗側に導入コストのほとんどかからない「印刷式」のQR決済を、LINEはスマホ決済「LINE Pay(ペイ)」の利用店舗拡大の重要な牽引(けんいん)役としたい考えだ。

 LINEの出沢剛社長が明らかにした。店舗などが紙に印刷して掲示したQRコードを、利用者がLINEのアプリで読み取れば商品代金の支払いが完了する。店舗側が紙を貼っておけばいいだけなので、「コストのハードルが大きく下がる」(出沢氏)。既にLINEの社内食堂の弁当売り場や、福岡県の仕出し弁当店で導入されている。LINEは、LINEペイの利用可能な場所を、年内に店舗や自動販売機など100万カ所に広げる目標を掲げる。

 現在のQR決済は、利用者がスマホアプリにQRコードを表示して店舗側に読み取ってもらう方式のものが主流で、LINEもコンビニエンスストアなど大手に導入を進めている。

 一方、印刷式だとコスト負担がほとんどかからないことをLINEはアピールし、中小規模の店舗を中心に全国展開する。

 印刷式をめぐっては、中国で露店などで利用されているほか、楽天が今年から全国のタクシー会社などで本格導入を進めている。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆