ニュース
» 2018年06月21日 10時13分 公開

セブン銀行社長に就任した舟竹泰昭氏 ネット企業と提携、事業創出

インターネット企業などと提携し、新たなビジネスモデルづくりに取り組むことに意欲。

[SankeiBiz]
インタビューに答えるセブン銀行の舟竹泰昭社長

 19日付で就任したセブン銀行の舟竹泰昭社長はフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、インターネット企業などと提携し、新たなビジネスモデルづくりに取り組むことに意欲を示した。

 ――社長として抱負は

 「キャッシュレス化が進み、決済手段が多様になる中、既存のビジネスモデルには逆風が吹く。ただ、ピンチはチャンスだ。これまで現金自動預払機(ATM)は銀行のお金をやり取りするだけの機械だったが、インターネット企業と提携しスマートフォンのアプリに出入金するなど新たなビジネスを作り出せる」

 ――ATM共通化も進む

 「メガ銀行は自分たちで共通化するようだが、地方銀行でも合理化したいところがあるはずだ。セブン銀のATMを活用してほしい。各行が独自のATMを持つ必要はない。われわれのATMで通帳や独自サービスにも対応できるよう柔軟な仕組みを考えたい」

 ――どんな機能が必要か

 「ATMで外貨預金や投資信託が扱える銀行も結構ある。セブン銀のATMを使うなら、こうした機能を加えるか、機能をシンプルにして運営コストを抑えるか検討が必要だ。キャッシュカードと暗証番号で認証を受ければ、住所変更など従来は銀行の支店で受けていたサービスも可能になる」

 ――海外でのATM事業にも力を入れている

 「米国のセブン−イレブンに計8000台のATMを設置した。銀行口座を持たない人向けにプリペイド式の公的給付を現金化したり、移民が海外送金を簡単にできたりする構想もある。フィリピンやタイ、香港などセブン−イレブンが進出している他の国でも事業展開ができれば面白い」

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆