ニュース
» 2018年06月29日 09時42分 公開

トラックの無人隊列実現へ 豊田通商が先進技術公開

早ければ2022年度に実用化し、人手不足が深刻化する物流業界の業務効率化につなげる。

[SankeiBiz]
車間距離を保ちながら先頭のトラックを自動で追従する後続車=28日、茨城県つくば市

 豊田通商は28日、有人で走る先頭のトラックを無人の後続車で自動で追従する隊列走行の技術を報道陣に公開した。自動運転技術の開発で協力する先進モビリティ(東京都目黒区)の成果で、経済産業省などの事業の一環で来年1月には高速道路で実証実験を開始。早ければ2022年度に実用化し、人手不足が深刻化する物流業界の業務効率化につなげる

 この日は、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)のテストコースで日野自動車の積載量25トン級の大型トラック3台が隊列を組み、時速70キロで走るデモンストレーションを行った。

 先頭トラックの運転手がブレーキやアクセルを踏むと、その制御情報が通信で後続2台に飛び、自動で加減速して約10メートルの車間距離を維持。さらに、後続車が先頭車から車両位置情報を受信するなどして先頭車を正確に追従する様子も披露した。3台ともに運転手が乗車したが、後続2台はハンドルから手を離した状態で走行した。

 豊通は後続車が無人の隊列走行の実現を狙う経産省の事業を受託。今後も先進モビリティと協力する計画だが、自動運転車と一般車が道路上で混在する状況下で無人隊列走行を実現するハードルは高い。

 同社の青木啓二社長は「長蛇の列を組むトラックが高速道路本線にスムーズに合流できるか、一般車が隊列に割り込まないようにできるかといった課題もある」と指摘。来年以降の実証実験では、技術の信頼性と同時にこうした社会的な側面も検証するという。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆