ニュース
» 2018年07月04日 11時45分 公開

「キャッシュレス決済」加速へ産学官連携組織発足 五輪へ向けて巻き返し (1/3)

2次元バーコード「QRコード」を使った決済の規格統一などに取り組む。

[SankeiBiz]
キャッシュレス決済を導入したレストランのレジ

 経済産業省は3日、現金を使わずに支払いをする決済手段の普及推進に向けた産学官の連携組織「キャッシュレス推進協議会」を設立したと発表した。2次元バーコード「QRコード」を使った決済の規格統一などに取り組む。非現金決済が普及すれば、店舗や窓口に現金を用意する手間やコストを減らせると期待されており、2025年までにキャッシュレス比率を40%に引き上げる目標の実現に向け、弾みをつける。

 発足は2日付。初期メンバーにはNTTや三越伊勢丹ホールディングス、みずほ銀行など民間企業145社のほか、日本スーパーマーケット協会や全国地方銀行協会など20の業界団体が名前を連ねた。自治体会員として和歌山県も参加する。今年度はQRコード決済の標準化のほか、自動販売機のキャッシュレス普及促進にも取り組む。

日本はわずか18%

 「マイルストーンは五輪だ」

 今回の推進協議会の立ち上げについて、銀行関係者は20年の東京五輪・パラリンピックを見据え、キャッシュレスに慣れた訪日外国人が利用しやすい決済環境の整備が急務になっていると漏らす。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆