ニュース
» 2018年07月05日 11時27分 公開

変形する乗り物型AIロボ 千葉工大、馬を目指し開発

ロボットモードでは人間の後についてきて買い物を手伝い、乗り物モードでは、曲がる際に自ら姿勢を傾けながら旋回をサポートする。

[SankeiBiz]
千葉工大が開発した「カングーロ」=4日、東京都墨田区

 千葉工業大学は4日、ロボットから乗り物へ変形する新型の人工知能(AI)ロボットを開発したと発表した。ロボットモードでは人間の後についてきて買い物を手伝い、乗り物モードでは、曲がる際に自ら姿勢を傾けながら旋回をサポートする。さらに改良研究を重ね、企業と共同で実用化を目指す。

 同大未来ロボット技術研究センターの古田貴之所長は「かつて人間のパートナーであり、乗り物だった馬を目指した。AI時代の革新的な乗り物に進化させていきたい」と話している。

 新型ロボットの名称は「CanguRo(カングーロ)」で、プロダクトデザイナーの山中俊治氏と共同開発した。全長はロボットモードが550ミリメートル、乗り物モードが750ミリメートルで重さは64キロ。最高時速は10キロ。

 ロボットモードでは内蔵したカメラで人物を認識し、後を追従する。センサーを使って空間の中で自分の現在位置を把握する「SLAM」と呼ぶ技術を活用し、指定した場所に自動で迎えにいく機能も搭載した。

 乗り物モードでは、旋回の際に人間の体幹移動に合わせてボディーを傾ける。古田氏は「あたかもスキーでスラロームを滑るかのような感覚が味わえる」と話す。

 今後、会話によるコミュニケーション機能や、ショッピングセンターに来たら自動的に乗り物モードからロボットモードに変形する機能などを盛り込む計画だ。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆