連載
» 2018年07月10日 08時15分 公開

タイムアウト東京のオススメ:東京の今を知る

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2018年も、あっという間にもう7月。流行に敏感な東京の街には、2018年上半期もさまざまな店が誕生しました。ここでは、ぜひ訪ねてほしい注目のヴェニューを厳選して紹介します。

世界一安いミシュランレストラン

 まず紹介するのは、「世界一安いミシュランレストラン」と称される、香港の人気点心レストラン「添好運 日比谷店」。香港と同様に、オリジナルレシピをもとに厨房で手作りした点心を、リーズナブルな価格で提供しています。メニューは、チャーシュー餡を包んだ「ベイクド チャーシューバオ」や、香港の人気メニュー「海老と黄ニラのチョンファン」、ふわふわの卵の蒸しケーキ「マーライコウ」など。一流の味を気軽に味わいに行きましょう。

出来たてほやほやのモンブラン

 スイーツ好き必見なのは、2018年5月17日にオープンした「モンブランスタイル」。こちらは、栗専門店、和栗やが展開するモンブランの専門店で、代々木公園近くに店を構えています。一番の魅力は、作りたてのモンブランを楽しめること。厨房を囲んだカウンターに座り、オーダーをすると、目の前でモンブランが作られていき、まるですし屋のように、出来たてほやほやのモンブランが提供されるのです。作りたてのモンブランは、栗の風味が格別。目の前に運ばれてきた瞬間、ふわっと栗の風味が香るので、こちらも逃さずに楽しんでください。

世界初のデジタルアートミュージアム

 最後に紹介するのは、森ビルとチームラボによる世界初のデジタルアートミュージアム「森ビル デジタルアート ミュージアム エプソン チームラボボーダレス」。2018年6月21日、お台場パレットタウンにオープンしました。同施設は5つの空間で構成され、約40作品が展示されています。特徴は、作品と作品の間に境界がないこと。作品同士がコミュニケーションをし、時に融合するという、新しい世界を体験することができるでしょう。

 その他の詳しい情報は「2018年、上半期ニューオープン」で紹介しています。こちらでは、日本初上陸のオーガニックアイスクリームショップや日本茶スタンド、そうめんの専門店など、2018年上半期にオープンした注目のヴェニューを15軒紹介しているので、新しいものが好きな人は、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆