ニュース
» 2018年07月10日 11時01分 公開

RPA導入、金融業界で進展 定型業務を自動化、人手不足の解決策に

生命保険などの金融業界で、パソコンの入力作業や電子メール送信といった定型的な業務を自動化して効率化するRPAの導入が進んでいる。

[SankeiBiz]
RPAの一環で導入されキャラクター化され親しまれる「日生ロボ美」と同僚ら(日本生命提供)

 生命保険などの金融業界で、パソコンの入力作業や電子メール送信といった定型的な業務を自動化して効率化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が進んでいる。事務仕事をコンピューターネットワークのサーバー上のロボット(ソフトウエア)などに任せれば、生まれた余剰人材を別の分野に注力させられる。一方でロボットが野生化し、「野良ロボット」が生まれるリスクもあるという。

 日本生命保険が2014年に導入した「日生ロボ美」は、保険商品を銀行窓口で販売する部門の事務に専従するソフトでRPAの一種。昨年には社員が付けた愛称が正式名称となり、入社式まで開かれた。

 RPAはロボットのためミスがほとんどない上、従業員のような労務管理上の制約がなく、夜間や休日も稼働できるため、人手不足の解決策になり得る。

 ただ、ロボットが増えるなどして保守を怠ると、財務諸表などの数値を誤る恐れも出てくる。

 RPAに詳しい野村総合研究所の福原英晃上級コンサルタントは「ロボットにしっかり仕事を教えて、ケアもする。いわば新入社員を迎え入れるのと同じ」と語る。

関連キーワード

RPA | ロボット | 保険 | 業務 | 金融 | 日本生命保険


Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆