ニュース
» 2018年07月12日 11時08分 公開

映画館で、映画祭で……シネマに広がるVRの世界 「体験エンタメ」定着するか (1/4)

VR映画の市場が広がろうとしている。

[SankeiBiz]

 VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)映画の市場が広がろうとしている。PCメーカーのVAIO(長野県安曇野市)、映画会社大手の東映(東京都中央区)、映像制作のクラフター(東京都港区)では、映画館のシートに座ってVRヘッドセットを着用し、VR映画を鑑賞する「映画館でVR!」の試みを7月2日からスタート。7月13日開幕のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018では、今回からVR映画上映のプログラムが設けられた。6月に日本で開かれていたショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018でもVR360°プログラムを上映。こうした試みを経て、VRを家だけでなく、映画館や映画祭のような場で体験するエンターテインメントが定着するかに映像業界の関心が向いている。

「映画館でVR!」上映作品紹介ポスター

家などでは味わえないVR体験

 「自宅やスマホからでも気軽に映像を楽しめる状況で、新たな映画の形としてVR映画をお届けし、映画館に訪れて頂くバリューを高めていきたい」。東京都新宿区の新宿バルト9で6月26日に開かれた「映画館でVR!」の発表会見で、東映取締役企画調整部長の村松秀信氏はこう話して、VR上映が映画館の集客増につながる可能性に期待した。映画館ではこれまでも、シートが動き光や風などの演出も加わった4Dや、ハイクオリティの映像や音響を体験できるIMAXなどを導入し、映画館ならではの鑑賞体験ができるようにして来た。VR上映も映画館ならではの鑑賞プログラムとして観客にアピールしたい考えだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆