ニュース
» 2018年07月17日 10時25分 公開

運転の癖をAIが記憶し再現 日産、完全自動化に開発進む (1/2)

自動と手動を切り替えられる車を想定しており、手動で運転する際のハンドルの切り具合やブレーキの踏み方などドライバーの“癖”を人工知能が覚えて自動運転に反映し、乗員の違和感を小さくする。

[SankeiBiz]
日産自動車の本社=横浜市西区

 日産自動車が、ドライバーの運転パターンを学習する自動運転車の開発を進めていることが16日、分かった。自動と手動を切り替えられる車を想定しており、手動で運転する際のハンドルの切り具合やブレーキの踏み方などドライバーの“癖”を人工知能(AI)が覚えて自動運転に反映し、乗員の違和感を小さくする。同社は2022年に完全自動運転車両の展開を目指しており、この頃に実用化される可能性がある。

 交通事故の9割が人為的な過失によるものとされており、自動運転車が普及すれば、事故を大幅に減らせる見込みだ。ただ、たとえ安全でも、加減速のタイミングや曲がるときの位置の取り方などの運転パターンが日常的に感じる乗車体験とかけ離れていると、乗員は安心して自動運転に任せられない。このため、日産はAIが運転パターンを記憶し、その車の主なドライバーの運転を自動で再現させる方向で開発している。

 他の自動車メーカーと同じく日産も、「運転する楽しさ」を訴えており、ドライバーが運転したいときは手動でハンドルを握り、疲れているときや作業をしたいときなどは自動運転に切り替えることを想定している。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆