ニュース
» 2018年07月18日 11時02分 公開

猛暑 熱中症の対策強化 飲料各社、新商品や増産相次ぐ

飲料各社は熱中症対策の新商品を相次いで市場に投入。

[SankeiBiz]
厳しい暑さの中、うちわで日光をさえぎる男性。多くの外国人観光客が色とりどりの傘を差していた=17日午後、東京都千代田区

 3連休明けの17日も日本列島各地で35度以上の猛暑日となるなど、例年以上に熱中症対策が欠かせない日が続いている。こうした中、飲料各社は熱中症対策の新商品を相次いで市場に投入。販売中の対策商品の増産にも乗り出した。

 大塚製薬は、健康飲料「ポカリスエット」ブランドで、体の芯から体温を下げるスムージータイプの新商品「アイススラリー」の通信販売を12日に開始。氷の粒子が細かく流動性があるため冷却効率が高く、飲んだ際にも喉などに長くとどまり、動脈の血液の温度上昇を抑えるような効果もあるという。

 常温で保存でき、飲用の4時間前に凍らせる。再冷凍しても流動的な氷状になる工夫が施されている。1袋100グラムのパウチ容器入りで、180円(税別)と価格も手ごろだ。

 アサヒ飲料は、主力の茶飲料ブランド「十六茶」に、「脱水対策 十六茶」を追加。塩分やミネラルを含み、後味もスッキリとした味わいだ。

 サントリー食品インターナショナルも17日、パウチ容器入りのゼリー飲料「デカビタCスポーツゼリーW」を発売した。運動時の飲用を想定し、熱中症対策として100ミリリットル当たり40ミリグラムのナトリウムを配合した。

 飲料各社は熱中症対策商品の増産にも乗り出している。キリンビバレッジは、「世界のKitchenから ソルティライチ」や「ラブズスポーツ」といった熱中症対策商品を展開しているが、今夏は前年比1割増の生産を計画。アサヒ飲料は、昨年発売した「濃いめの『カルピス』」がナトリウムを含むことから熱中症対策商品として定着しており、5月以降は前年比2〜3割の増産となっている。

関連キーワード

飲料 | 熱中症 | 冷却 | キリン | 大塚製薬 | サントリー


Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆