連載
» 2018年07月24日 08時29分 公開

タイムアウト東京のオススメ:夜こそ満喫する

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 無性にわくわくする夏の夜は、特別な思い出を作る絶好の機会。花火や祭りなどの定番もいいですが、その他にもさまざまなイベントが行われているのをご存じでしょうか。ここでは、リバーサイドのフレンチレストランや、都内をさまよう屋台バーなど、この季節だからこそ楽しめることを厳選して紹介します。

都内をあてどなくさまよう屋台バー

 「トゥワイロ」は、都内をあてどなくさまよう屋台バー。屋台の行き先を知る術はTwitterのみという、謎の多さもわれわれを引きつけます。メニューはドリンクのみの提供で、フードの持ち込みが可能。屋根もほとんど無い小さな屋台ですが、雨の日も都内のどこかで営業しているのだとか。アルコールは、店主こだわりのバカラグラスで提供してくれます。

自分で料理を運ぶ「セルフサービスフレンチ」

 自然豊富なファミリータウンとして有名な二子玉川にある、本格フレンチレストラン「トキオプラージュルナティック」。多摩川沿いの自然に溶け込むようにたたずむ、古いアパートを改装して作られたうちの一軒です。同店では、入口の券売機で食券を買い、料理ができるとアナウンスが流れ、自分で料理を運ぶ「セルフサービスフレンチ」というシステムを取っています。そのため、メイン料理の「牛フィレ肉のステーキフォアグラのせ」は1389円、ワインもボトルで2300円ほどという、リーズナブルな価格で食事を楽しむことができます。

浴衣でクルーズ

 今年の夏は、浴衣でクルーズしてみてはいかがでしょう。夏の夜に毎日運航する「東京湾納涼船」が、2018年9月24日まで、開催されています。クルーズは、19時15分に竹芝客船ターミナルを出港し、東京タワーやレインボーブリッジ、羽田空港など、6つのスポットを周遊したのち、21時に同ターミナルへと戻ってくるというもの。平日は、浴衣姿で乗船すると一般料金から1000円オフとなる「ゆかた割」も実施されています。

 その他の詳しい情報は「夏の夜しかできないこと」で紹介しています。こちらでは、夏の夜にしかできない20のことを紹介しているので、夜のプランを立てる参考にしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

料理 | 浴衣 | 飲食店 | バカラ | イベント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆