ニュース
» 2018年07月27日 10時41分 公開

ソニー「aibo」、生産2万台に到達 6カ月で達成

人工知能を搭載した家庭用犬型ロボット「aibo」の累計生産台数が7月中旬に2万台に達したと発表した。

[SankeiBiz]
ソニーの犬型ロボット「アイボ」

 ソニーは26日、人工知能(AI)を搭載した家庭用犬型ロボット「aibo(アイボ)」の累計生産台数が7月中旬に2万台に達したと発表した。幅広い年齢層の人気を集めており、1月の発売からわずか6カ月での達成となった。アイボは愛知県幸田町の工場で生産。約4000点の部品を取り付けており、1月の発売後、人気に生産が追いつかず先着順や抽選で対応してきた。その後、ソニーは、購入希望者が必ず手に入れられるよう生産体制を強化。今月19日からソニーのオンラインストアなどで予約販売を開始した。本体価格は21万3840円。

関連キーワード

ソニー | 人工知能 | | ロボット開発 | 生産体制


Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆