ニュース
» 2018年08月01日 13時35分 公開

電機大手、4社が増収増益 4〜6月期 ソニーは最終益2.8倍 (1/2)

電機大手のうち経営再建中の東芝を除く7社の2018年4〜6月期連結決算が31日、出そろった。

[SankeiBiz]

 電機大手のうち経営再建中の東芝を除く7社の2018年4〜6月期連結決算が31日、出そろった。家庭用ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」の好調から最終利益が前年同期比2.8倍となったソニーなど、4社が増収増益だった。

 ソニーは、ゲーム&ネットワークサービス分野の4〜6月期の営業利益が前年同期比657億円増の835億円と大幅に伸長。このため、通期の最終利益見通しを当初の4800億円から5000億円へ引き上げた。スマートフォンの伸び悩みが課題だが、十時裕樹専務は「事業継続の考えは変えていない」と同日の決算会見で強調した。

 パナソニックは、アジアでのエアコン販売の苦戦から家電部門などが営業減益だったが、企業向けビジネス部門の好調や土地売却益で増収増益を確保した。

 シャープは、スマホや白物家電の販売を伸ばしたほか、一連のコスト削減も奏功して増収増益。日立製作所は、建設機械の世界的な販売増や情報通信事業の好調から、最終利益が過去最高を更新した。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆