ニュース
» 2018年08月01日 13時35分 公開

電機大手、4社が増収増益 4〜6月期 ソニーは最終益2.8倍 (2/2)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2       

 一方、三菱電機は主要全5部門が営業減益。海外のスマホ関連の設備投資が減り、稼ぎ頭の産業メカトロニクス部門で工場自動化関連の販売が落ちた。素材価格上昇も利益を圧迫した。

 富士通も携帯電話会社の基地局投資の低迷などで減収。見かけの利益は退職給付制度の変更で増えた。

 構造改革中のNECは、航空宇宙・防衛などを除く主要4事業が減益だった。

前のページへ 1|2       

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆