ニュース
» 2018年08月07日 12時26分 公開

YKK AP、インドネシアに研究拠点 実験棟も新設

建材メーカーのYKK APは、インドネシアに研究拠点として「YKK AP R&Dセンター」を開設した。

[SankeiBiz]
「YKK AP R&Dセンター(インドネシア)」

 建材メーカーのYKK AP(東京都千代田区)は、インドネシアに研究拠点として「YKK AP R&Dセンター(インドネシア)」を開設した。YKK APインドネシア(タンゲラン県)内の建屋を研究開発施設に転用したほか、実証実験用施設として実験棟も新設した。

 同センターは富山県、ドイツに続く世界で3つ目の研究開発拠点。東南アジアを中心とした蒸し暑い地域の気候風土、建築に適した開口部の開発や、最低限のエネルギーで快適な住環境を実現するための研究に取り組む。

 温暖化が進む世界の社会課題に提案できる窓をグローバルな視点で研究開発していく。

 YKK APは1986年に初の海外アルミ建材一貫生産工場をインドネシアに設立。30年以上にわたり、地域に根ざした事業を展開している。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆