ニュース
» 2018年08月10日 10時40分 公開

カシオ、人気の腕時計生産を自動化 メード・イン・ジャパンと海外並みの低コスト両立

デジタル腕時計の国内生産の一部に自動組み立てラインを導入すると発表した。

[SankeiBiz]
カシオ計算機が国内工場での組み立てを自動化するデジタル腕時計「A159WA」。1989年発売のロングセラー商品だ

 カシオ計算機は9日、デジタル腕時計の国内生産の一部に自動組み立てラインを導入すると発表した。腕時計は一般に多品種少量生産が多く、自動化費用を回収しにくい。しかし、発売約30年の定番商品に導入することで、「人気が高い『メード・イン・ジャパン』と海外並みの低コストを両立させる」(同社)考えだ。

 新ラインは、国内生産拠点の山形カシオ(山形県東根市)で月内に稼働。対象商品は1989年発売の「A159WA」で、内部基盤を本体に組み込む作業を自動化する。生産効率が3倍に向上し、コストは半分と中国工場並みに下がる。カシオは2年前から数億円かけ新ラインを自社開発した。月産10万個を想定し、梱包(こんぽう)などの自動化も図る。浮いた人手は「Gショック」など高価格帯商品の生産に回す。

関連キーワード

カシオ計算機 | 腕時計 | 工場 | 低コスト


Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆