ニュース
» 2018年09月05日 10時50分 公開

JR東、新たな移動手段を開発へ 「モビリティ変革コンソーシアム」実証実験

JR東日本は4日、新たな技術やサービスの開発を目指して設立した「モビリティ変革コンソーシアム」による18種類の実証実験計画を公表した。

[SankeiBiz]
東日本旅客鉄道株式会社ホームページより

 JR東日本は4日、新たな技術やサービスの開発を目指して設立した「モビリティ変革コンソーシアム」による18種類の実証実験計画を公表した。JR東のインフラ設備やバス高速輸送システム(BRT)などを実証に使うほか、駅周辺地域と連携した新たな移動手段の開発などにも取り組む。

 JR東は12月から、JR大船渡線で運行するBRT専用道(岩手県陸前高田市)を使い、バスの自動運転に向けた技術試験を開始。時速40キロでの走行や駅ホーム部での停車、単線でのすれ違いなどを実施。実験走行区間は400メートルだが、専用道に磁気マーカーを敷設しマーカーの有効性も確認する。

 4日の定例会見で、JR東の深沢祐二社長は「今回は基礎的な実験だが、専用道の整備も進んでいる。将来的にはBRTでレベル4の自動運転の導入を目指したい」と語った。

 コンソーシアムは2017年に設立。JR東のほか、シェアサイクルサービスなどの交通関連、通信やアプリ開発など国内外メーカー、大学・研究機関など128企業・団体が参加。新たなロボット活用法や次世代の町づくりなどに取り組んできた。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆