特集
» 2018年09月10日 07時00分 公開

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:「起業家を目指していた」エンジニアが一転、京王電鉄でIT事業を立ち上げるまで (2/3)

[高木理紗,ITmedia]

ネットワークが「乱立」していた社内ITを刷新

 当時、京王電鉄の情報システム部門は、自社のシステムに加え、京王百貨店をはじめとするグループ企業のシステムも一部管理していた。ただし現場では、ネットワークを統一して複数のシステムを運用する発想がなかったそうだ。

 「新しいシステムを作るたびに、専用のネットワークも立ち上げるという状況でした。『それ、1つのネットワークにできますよ』と言ったら、本気で驚かれました(笑)」と、虻川さんは当時を振り返る。

 当時手掛けていた百貨店のMD(マーチャンダイジング)システムの構築が終わったタイミングで、バラバラだったネットワークを統合し、グループを横断するインフラの構築を始めた。また、当時上司が新たに立ち上げてくれたチームで、若手の育成も開始した。社内のITを刷新する中で、虻川さんは京王グループが持つビジネスの“伸びしろ”にも注目していたという。

 「沿線には、京王百貨店や京王ストア、京王不動産など、駅前の一等地を使って人を集められるビジネスがありました。ITを使えばこうした強みをさらに引き出し、顧客にもっと良いサービスを提供できると考えていました」(虻川さん)

photo 京王電鉄を運営する京王グループは、鉄道やバスといった交通網の他、ホテルやスーパーマーケット、不動産など、沿線に多彩な事業を展開する(画像提供:京王電鉄)

終業後の時間を有効活用し、勉強会へ通う日々

 システムの刷新は順調に進み、時間に余裕ができた虻川さんは、終業後の時間を使って「情報処理試験」などの資格勉強を始め、エンジニアの勉強会やコミュニティー活動に参加し始めたという。

 「当時、そのようなコミュニティーは少なく、問題意識を持ったメンバーしか勉強会に集まってきていなかったので、さまざまな刺激を受けました。自分の抱えている課題について『これはどうしてる?』と、気軽に話し合えましたし、分からないことは直接メーカーに聞きに行ったこともありました」(虻川さん)

 こうしたコミュニティーでの情報交換を通じ、「次のテクノロジートレンドを見極める力が付いた」と虻川さん。それは、路線バスの全車両への無線LAN導入や活用、駅構内でのデジタルサイネージの設置といったアグレッシブな施策まで多岐にわたる。

 その他、新事業のアイデアにつながった例もある。その一つが、京王電鉄が2001年に始めた、光ファイバーを使った企業向け通信事業「京王ネットワークコミュニケーションズ」だ(現在は京王ITソリューションズの一部)だ。

 当時、固定電話やデータ通信など、自前の通信設備を利用者に提供する、いわゆる「第一種通信事業者(現在は電気通信事業者)」に私鉄がなるのはまだ異例のことだった。鉄道の脇に設置されている自社用の光ファイバーを使って通信事業会社を始めようとした理由は、一体何だったのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆