ニュース
» 2018年09月10日 10時25分 公開

海洋プラごみ対策で協議会 化学業界5団体が設立

日本化学工業協会など化学業界5団体は7日、海洋プラスチックごみ対策について話し合う「海洋プラスチック問題対応協議会」を設立した。

[SankeiBiz]
海洋プラスチック問題対応協議会の会長に就任した日本化学工業協会の淡輪敏会長=7日、東京都中央区

 日本化学工業協会(日化協)など化学業界5団体は7日、海洋プラスチックごみ対策について話し合う「海洋プラスチック問題対応協議会」(JaIME)を設立した。この日は第1回目の会合を開き、協議会の会長に日化協の淡輪敏会長(三井化学社長)が就任したほか、会員向けの情報発信やアジアの廃棄物管理に対する支援など、4つの活動方針を決めた。生態系への影響が懸念される海洋プラごみ問題の解決に、業界を挙げて取り組む。

 協議会は日化協のほか、石油化学工業協会や日本プラスチック工業連盟、プラスチック循環利用協会、塩ビ工業・環境協会が設立。三菱ケミカルホールディングスなど、約40の企業や団体が会員に名を連ねた。

 淡輪氏は会合後の会見で「(海洋プラごみ問題は)化学業界として率先して取り組みべき問題と強く意識している」と協議会の設立理由を説明したほか、「プラスチックごみ削減で日本が果たすべき役割は大きい」と強調した。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆