連載
» 2018年09月11日 08時25分 公開

タイムアウト東京のオススメ:気軽に飲む

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 東京のバーの質と数は、世界でも群を抜いています。オーセンティックバーの石の華やゲンヤマモトなどは、傑出したカクテルを出す名店。バーテンダーの飲み物に対する姿勢は真摯(しんし)かつ献身的で、一流レストランにも引けをとりません。しかし、もう少しリラックスした気分で飲んだり、語ったりしたい時もありますよね。ここでは、そんな時に足を運びたい、カジュアルなバーを厳選して紹介します。

クラフトビールを常時8つのタップで用意

 まず紹介するのは、京都が拠点のクラフトビールと日本酒を提供するバー、ビフォアナイン(Before 9)の姉妹店「アナザーエイト(Another 8)」。ガレージを改装した店舗で、クラフトビールを常時8つのタップで用意しています。そのうちの一つからは、清澄白河フジマル醸造酒のドラフトワインが出てくるというユニークな仕掛けも。日本酒は、8種類をそろえています。この店はフードも素晴らしく、酸味が効いた「タコとセロリのマリネ」はおすすめです。

カジュアルな醸造所兼ガストロパブ  

 「ワイワイジーブルワリー&ビアキッチン」は、有名なうどん屋、慎の近くにあるカジュアルな醸造所兼ガストロパブ。新宿の喧噪(けんそう)から離れてくつろぐのにぴったりの場所です。まず、クラフトビールを飲むなら、1階の醸造所パブに行きましょう。ここでは、自家製ビールや、新潟のスワンレイクビールなど、人気の国産ビールも扱っています。小腹が空いているときは、7階のビアーキッチンへ。1階のパブと同じクラフトビールのラインアップに加えて、洋風のフードメニューを提供しています。ビールは800円〜1000円、メイン料理は1000円骸、前菜の大半は800円前後。気前よく、多めの量で提供されるのもうれしいポイントです。

リラックスした雰囲気と、日本のテイストを取り入れたカクテルが特徴

 銀座のバーといえば、値段が高く上品で堅苦しい場所を想像してしまうかもしれませんが、「ミクソロジーサロン」は、そんなステレオタイプのイメージを覆す店といえるでしょう。場所はギンザシックスの13階にある、リラックスした雰囲気と、日本のテイストを取り入れたカクテルが特徴です。「Teatail(お茶のカクテル)」を専門とするミクソロジーサロンのオリジナルカクテルは、全て茶葉をつけこんで蒸留した自家製スピリッツを使用。ほうじ茶風味のバーボンや、そば茶風味のウォッカ、ウーロン茶風味のラム、煎茶風味のジンなど、幅広い品ぞろえを楽しんでください。

 その他の詳しい情報は「東京、ベストカジュアルバー」で紹介しています。にぎやかで、くつろいだ雰囲気を持つバーを巡ってみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆