ニュース
» 2018年09月11日 10時25分 公開

日立などが「情報銀行」の実証実験開始 来年度の事業化をにらむ (1/2)

個人の好みや暮らしぶりなどのデータをサービスに活用するニーズが拡大する中、個人が管理主体のデータビジネスに乗り出す動きが広がっている。

[SankeiBiz]

 日立製作所は10日、健康情報や収入などのデータを預かり、本人の同意を得た上で企業などに提供する「情報銀行」の実証実験を東京海上日動火災保険や日本郵便などと6社共同で始めたと発表した。来年度にも事業化したい考えだ。個人の好みや暮らしぶりなどのデータをサービスに活用するニーズが拡大する中、個人が管理主体のデータビジネスに乗り出す動きが広がっている。

 日立は今年度末にかけ、社員200人の個人データを用いた実証実験を行う。参加者はリストバンド型センサーを身につけ、歩数や心拍数などのデータを日立に提供。他にも人事部門を通じ収入データ、電力使用計測システム会社が収集した家電の電力使用データなどを提供する。

 日立はデータの管理と運用を担い、データ利用企業に提供。東京海上は家電を対象にした保険サービスの開発、日本郵便は在宅率に応じた宅配ルートの改善などを検討する。今回は利用企業にとってのデータ活用の有効性の検証に主眼を置いており、参加者にデータの対価としてのお金やサービスは提供しない。

 日立は実証を通じ情報銀行の仕組みづくりを急ぐ。「ITシステムの構築やデータを扱う上での匿名化の技術などの強みを生かす」考え。情報銀行をめぐっては三菱UFJ信託銀行や電通も参入を表明した。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆