連載
» 2018年09月13日 08時08分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:優秀な人を採用したがるのは、三流社長のやることだ (1/2)

人間関係がうまくいっていない組織の特徴は、「優秀な人材を採用すれば、組織も優秀になる」と勘違いをしていることだ。組織を強くするために必要なのは何だろうか?

[小山昇,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


『人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない 思い通りに部下が動く“すごい"伝え方』

 「人が辞めたらすぐに新しい人を雇えばいい」という時代は終わり、いまは「次の人が雇えない」状況になっています。

 例えば、リクルートによる2019年春卒業予定の大学生の求人動向調査では、従業員300人未満の中小企業の求人倍率(学生1人に対する求人数)は9.91倍となり、過去最高ともいえる状況です。

 こうした状況の中でも、社長は強い会社をつくっていかなくてはならない。それは「人が辞めない仕組み」「人を大切にする会社」をつくることだと思います。

 私が経営する株式会社武蔵野の離職率はかなり低い方です。2018年採用者は一人も辞めていませんし、課長級以上の離職者もほとんどいません。

 採用にまつわるわが社の仕組みを紹介します。

三流社長は、優秀な人を採用したがる、一流社長は、優秀な人もダメな人もとらないように気を付ける

 人間関係がうまくいっていない組織の特徴は、「優秀な人材を採用すれば、組織も優秀になる」と勘違いをしていることです。組織を強くする(コミュニケーションを円滑にする)ために必要なのは、能力よりも「価値観をそろえること」です。

 能力のある社員を集めても、価値観がそろっていなければ、組織はバラバラになります。従ってわが社は、能力よりも、価値観(考え方)を共有できることを重視しています。

 価値観がそろっていると、「同じ優先順位で行動できる」「同じスピードで行動できる」ため、少しくらい能力が劣っていても、組織力を強化することが可能です。

 ところが、多くの社長は、このことが分かっていない。社員の能力が違い過ぎると、能力が高い社員も、能力が低い社員も、どちらもやる気を失います。

 自動車にたとえて考えると、分かりやすいでしょう。積んでいるエンジンのスペック(能力)に差があると、同じスピードで走ることは難しい。軽自動車に乗っている人と、大排気量のスポーツカーに乗っている人を「同じスピード」で走らせると、軽自動車に乗っている人は、「スポーツカーにはついていけない」と諦め、一方でスポーツカーに乗っている人は「もっと速く走りたい」とストレスを感じます。

 そこで武蔵野は、1500ccのエンジンを積む上司の下には、1000ccのエンジンを積む部下(あるいは、2000ccの部下)を配置するなど、上司と部下の能力差が出ない組織づくりをしています。

 多くの社長は、「優秀な上司」の下に「仕事ができない部下」を付けたり、「それなりの上司」に「仕事ができる部下」を付けたりしています。

 しかし、本当は、「優秀な上司」の下には、「優秀な部下を付ける」「それなりの上司の下」には、「それなりの部下を付ける」のが正しいのです。なぜなら、同等の力を持つ人同士で組織を構成した方が、切磋琢磨しやすいからです。すると、個人も組織も活性化して業績が上がります。

 他の中小企業と比べると、武蔵野の離職率の低さは、「超異常」です。なぜ、辞めないのかというと、「同じくらいの能力を持った社員が、同じ価値観の下で組織をつくっているから」です。

迷っている内定者には、「他社へ行ってくれ」と伝える

 内定を出しても、すぐに決められない学生が増えています。2017年より二次選考を、学生と採用担当が1対1でカウンセリングをするやり方に変更しました。

 今に至るまでのエピソードや学生生活、サークル、部活、アルバイトで担当していた役割などから、その学生の特性を洗い出し、どういう会社が合っているのか? 武蔵野ではどう生かせるのか? 時間をかけて落とし込みます。

 いわば、武蔵野で働いたイメージを持たせます。志望度が上がった状態で最終選考に進むため、内定後の辞退者数は大幅に減少しました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆