連載
» 2018年09月27日 10時00分 公開

タイムアウト東京のオススメ:スープ中毒になる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 ラーメンブームの原点ともいえる、豚骨ラーメン。豚の骨髄を徹底的に煮込むそのスープの世界は、クセのあるキャラクターとバリエーションの豊富さで、定番メニューの一つとなりました。本場九州から東京オリジナルのものまで、都内で食べることができる「本当においしい」豚骨ラーメンを紹介します。

超濃厚な豚骨ラーメンが看板メニュー

 「ラーメンくれは」は、西武新宿線田無駅徒歩10分ほどのところにある、ロードサイドのラーメン店。超濃厚な豚骨ラーメンが看板メニューです。スープは濃厚で粘度が高いものの、脂分はほぼなし。豚骨のみのうまみがぎゅっと凝縮されており、ポタージュのように滑らかです。自家製麺の細麺はしっかりとした存在感で、スープとの相性は抜群。しかも替え玉は30円とコストパフォーマンスも文句なしです。具材も手が込んでおり、豚バラチャーシューや揚げニンニクが味の引き立て役になっており、味玉も甘みのある丁寧な味わい。一つ一つが作りこまれた、ハイクオリティな豚骨ラーメンを堪能できます。

豚骨をしっかりと炊き出したスープは本場の味

 東急大井町線大岡山駅より徒歩1分の「長浜ナンバーワン 東京大岡山店」は、細い路地を入ったところにひっそり店を構えるラーメン店です。1970年代創業の福岡の長浜エリアの人気店で、2017年に東京に進出しました。豚骨をしっかりと炊き出したスープは本場の味。長浜スタイルらしく、油分が少なく、マイルドな仕上がりでクリーミーです。東京でも多数ある豚骨ラーメンの店ですが、ここは本場福岡のあの味を再現。麺の固さの注文も、替え玉のシステムも、ほどよい濃度のスープも、長浜スタイルです。店名は「ナンバーワン」と若干のコテコテ感があるものの、味のほうはこれぞ長浜豚骨のおいしい一杯。

濃厚な豚骨スープに香ばしいマー油が浮かぶ人気メニュー

 東急東横線都立大学駅を降りてすぐ、高架下にある黒い壁が特徴のラーメン店「豚骨麺 あの小宮」。「あの小宮」とはどの小宮なのか突っ込みたくなる店名だが、「つけめんTETSU」の創始者、小宮一哲さんの名字を冠したものだそう。「中華そば」と「豚骨麺」の2店が並んでおり、2017年に同時オープンしました。なかでも「豚骨麺」は、濃厚な豚骨スープに香ばしいマー油が浮かぶ人気メニューです。トロトロで存在感のあるチャーシューと、甘くて濃いうまみの味玉、細ネギ、キクラゲなどの具材、極細ストレート麺がスープとよく合います。麺の固さは3段階でチョイスでき、もちろん替え玉も準備。サイドメニューに、めんたいごはん、チャーハンなどもあります。

 その他の詳しい情報は「東京、本当においしい豚骨ラーメン20選」で紹介しています。都内の絶品豚骨ラーメンを食べ歩いてみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆