ニュース
» 2018年10月05日 10時43分 公開

トヨタに危機感 ソフトバンクと提携、サービス分野強化へ本腰 「競争の相手、大きく変化」 (1/2)

業種が全く異なるトヨタ自動車とソフトバンクが手を組んだのは、移動サービス市場の拡大が確実視されているからだ。

[SankeiBiz]
提携記者会見で握手するトヨタ自動車の豊田章男社長(右から2人目)とソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(左から2人目)。右端はトヨタ自動車の友山茂樹副社長、左端はソフトバンクの宮川潤一副社長=4日午後、東京都千代田区

 業種が全く異なるトヨタ自動車とソフトバンクが手を組んだのは、移動サービス市場の拡大が確実視されているからだ。ライドシェア(相乗り)などのサービスが普及すれば、トヨタもこれまでのように自動車を造って売るというビジネスだけでは立ちゆかなくなる懸念がある。危機感を抱くトヨタの豊田章男社長はサービス事業への本格参入に向け準備を進めてきた。もっとも、有望な新事業をめぐる世界的な競争の激化は必至で、日本を代表する両企業の強力な連合とはいえ、勝ち残れる保証はない。

 トヨタ自動車とソフトバンクは4日、新しい移動サービスの構築に向けて提携すると発表した。共同出資会社を設立し、年度内をめどに事業を開始。将来的にはトヨタの自動運転車両を使ったライドシェア(相乗り)や移動コンビニ、医療、オフィス空間提供などのサービスを行い、海外展開も視野に入れる。移動サービスは世界的に市場拡大が見込まれており、さまざまな業種の有力企業が参入し、合従連衡が活発化している。

 「未来のモビリティー(乗り物)社会を現実のものとするための提携だと思っている」

 4日、東京都内で開かれた記者会見に登壇した豊田社長は、ソフトバンクとの協業の狙いをこう話した。豊田氏がこれまでも繰り返してきた「トヨタは自動車メーカーではなく、モビリティーサービスを提供する会社になる」との方針のもと、選んだ最適なパートナーがソフトバンクだったというわけだ。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆