ニュース
» 2018年10月09日 10時51分 公開

競合相手から調達も 電機各社、“合従連衡”で生き残りを模索 (1/2)

国内電機各社が復活してきた。

[SankeiBiz]
東芝メモリ四日市工場で完成した新棟の内部。国内電機各社は事業構造の転換を急いでいる(東芝メモリ提供)

 国内電機各社が復活してきた。各社は多角化の失敗や中国、韓国メーカーとの激しい価格競争で2008年のリーマン・ショック後に存亡の危機に直面したが、不採算事業から撤退し、赤字体質を脱しつつある。ただし海外勢に比べて稼ぐ力はまだ弱く、人口減少で母国である日本の市場が縮小するという国内企業特有の逆風にもさらされており、合従連衡で生き残りを模索する動きも鮮明になっている。

 電機各社は00年代初頭、薄型テレビやDVDレコーダーなどのデジタル家電、原子力発電などに力を入れ、急成長を遂げた。だが、リーマン・ショックで世界の需要がしぼむと、逆にこれまでの巨額投資が重荷となり、大幅な赤字に陥った。

高付加価値に注力

 この苦境から抜け出すための施策が「総合電機」からの脱却だった。海外勢との価格競争にさらされやすい製品からは撤退する一方、他社にまねされにくい高付加価値の事業に注力するなど事業構造を転換。18年3月期決算では東芝を除く電機大手6社がそろって最終利益を増やした。

 とはいえ、各社の経営体力はバブル期やリーマン前に比べれば弱い。本業の稼ぐ力を示す営業利益率(売上高に占める営業利益の割合)は2〜8%台。韓国サムスン電子の営業利益率が20%を超えることを踏まえれば見劣り感は否めない。サムスンは売上高でも約25兆円をあげ、10兆円に満たない国内電機各社に大きく水をあける。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆